税金の先取り?予定納税について物申す

予定納税とは

予定納税とは、前年度の所得から今年の所得を推定してあらかじめ税金を徴収する仕組みになります。
この仕組みのメリットは、多くの人の収入が前年度の収入を超えることがないためそのように規定することであらかじめしっかりと税を徴収することができる点です。

もし、途中で職を失ったとしても前年度の分と同じ位の税金を取られることになります。
これに関しては、税金を徴収する側にとってはメリットがありますが、支払う側にとっては迷惑でしかありません。

この制度自体は、いったいどのような問題があるかと言えばやはり税金を支払わなければならないことです。
例えば、国民としても国がしっかりとした使い方をすればわざわざこのようなことに腹を立てる人はいないはずです。
もちろん例外的に意見を述べる人はいるかもしれませんが、通常はそこまで何かを物申す事は無いといえます。

税金を増やす前に無駄を減らせとの意見が非常に多い

では、どのようにしたら国民は納得するでしょうか。
まず税金の使い方としては、税金を増やす前に無駄を減らせとの意見が非常に多い傾向があるわけです。

具体的には、国会議員を増やして無駄に税金を使っているにもかかわらず消費税を上げることに対して腹を立てているわけです。
このようなやり方をしているのは、国会議員自体が自分の欲を満たすためにやっているからと言われても仕方がありません。

実際に、国民と国会議員が同じ視点でものを見ていないことがはっきりわかります。
では、国会議員自体を選んだのは国民なので仕方がないとの意見がありますが、この点に関してはどうでしょうか。

この点に関しては、確かにもっともな意見ですがまともな国会議員自体が立候補それはほとんどの人は消去法で選択しているわけです。
では、自分自身が立候補すれば良いではないかといった意見もありますが、この点に関しても特に指定のしようがありません。

ほとんどの国民は現状を受け入れるしかない

ただ、立候補するにしてもそれなりにお金がなければいけませんし、供託金が戻ってこない可能性もありますのでうかつに立候補してしまうと大きく損をしてしまいます。

もちろん票が入れば嬉しいですが、必ずしもそのように悠長なことばかり言っていられません。
それならば、多少高い税金を支払うと考える人が多いはずです。

現状のままでどうすることもできない部分がありますので、ほとんどの国民はそれを受け入れるしかありませんが、しかしながらそれを打破する方法も全くないわけではありません。

もとをただせば、国民の多くは無駄にお金を納税しなければいけないことに腹を立てているわけです。
そこで、多少税金を払ったとしてもそれなりの収入を確保することができればそもそもこのような問題に対して腹を立てることがなくなるでしょう。

現状のコンフォートゾーンを抜け出すことから始める

国としては、悪質な方法で納税をさせようとしているわけではありませんので、後は国民自身の判断の仕方になります。
ただ、漠然と今の生き方をしていてもなかなかお金が貯まる事はないでしょう。

そこで、自分自身の行動パタンを変えてみることが必要になります。
そもそも、この国に生きている以上どちらにしても税金を支払わなければなりませんので、それを受け入れなければなりません。

受け入れると同時に、自分自身が満足いく結果を出せるような努力をすることにより、税金に対する考え方が大きく変わってくるでしょう。
まずは、行動することから始めてみるが良いです。

現状のコンフォートゾーンを抜け出すことから始めれば結果的に満足した生活が送れるようになるでしょう。
ちなみにコンフォートゾーンとは、自分自身の快適な立ち位置のことで例えば毎月30万円の給料もらっている人はそれぐらいの給料もらうことで満足した生活を味わうことができます。

ですが、それ以上の金額を望むならばその快適なゾーンから抜け出さなければいけません。
それを実行することにより、良い結果が出るでしょう。