どっちが本当?1日2食が健康なのか3食きっちり食べるのがいいのか

2食にしたほうが太りやすくなるというデメリットも・・・

1日2食が健康なのか3食きっちり食べるのがいいのかは、その時の自分の体の調子がどうであったかで変わることが多いです。
お腹の調子が悪い時や前日食べ過ぎたような時は1日3食にするのではなく、お腹や体調が整うまでは2食にしたほうが早くに回復につながるということもあるでしょう。

胃に負担がかからないようにすることが必要なので、負担をかけないようにもしていきましょう。
ですが、特に問題もなく健康であるのであれば、きっちり1日3食が健康でしょう。

2食にしたほうが太りやすくなるというデメリットもあります。
2食にすればお腹を空かせている時間が長くなりますから、それだけ食べ物を食べた時の吸収もよく、脂肪が増えてしまうことがあるからです。

1日二食は何故太るのですか?1日一食でも太るのでしょうか?… – Yahoo!知恵袋

ですから健康時の一日2食は不健康であるとも言えます。
わざと太りたいための食事にするのであれば2食が効果的にもなりますから、お相撲さんや仕事柄増やさなければいけないようなことがあれば、その時は一日2食にしてみましょう。

朝昼兼用はどんなに健康的なメニューであっても健康的ではない

ですが、人によってはあまり食べられない人もいます。
朝は特に起きてすぐに朝食を食べられないことも多く、もともと小食の人であれば朝昼を兼用にしているようなこともあるでしょう。

ですがそうした朝昼兼用はどんなに健康的なメニューであっても健康的ではないので注意です。
朝は食欲がないのであればバナナと牛乳だけでも良いので口に入れましょう。

一日3食というのは健康的な方法です。
また、一度に食べられない人であれば一日4食、5食にして少しの量を時間を空けて食べ続けるというのもおすすめです。

小分けにしたほうが体の胃も負担になりませんし、体も軽いと感じることがあるでしょう。
ですが、一に3食にこだわるばかりに深夜に夕食を取るのはNGです。

仕事が忙しくて深夜にしかしっかり食べられないのであれば、昼にたくさん食べるようにして、夜は適度な時間に軽い食事をしたり、栄養のあるお菓子のようなバーで、それを夕食代わりの1食にしましょう。

栄養バランスも考えていくことが大事

そして深夜に取るのは体に負担の良いおかゆや汁物を軽く取るようにしてみても良いです。
きっちりと物事をこなすのが苦手だという人であればこうした1日3食を守らなければいけないという事が大変な負担にもなってしまうことがありますが、そうした時は無理に3食にせずに、無意識に3食に出来るようにしましょう。

あらかじめ今日食べるものを決めておいたり、献立を決めておけば守らなければいけないからそうするのではなく、習慣にすることでいつの間にか健康的になっていくということもあるでしょう。

ですがきっちり3食食べればそれで健康になれるということではなく、栄養バランスも考えていくことが大事です。
脂っこいものや脂肪分が多い物、甘い物ばかりを食事にしていては1日3食にしていても健康的にはなれないでしょう。

なのでちゃんと栄養も考えましょう。
朝甘い系の朝食にしたのなら、昼はすっきりするものにしましょう。

夜は基本控えめに

そして夜はどんな時でもあっさり目がおすすめです。
夜は一日のうちで一番豪華にするということもありますが、夜は食事後に活発に動くようなこともありませんし、食べたエネルギーは脂肪になってしまうこともあります。

ですから、脂物を食べるにしても適量を心がけるようにもしましょう。
また、たくさん食べ過ぎた日の翌日の朝食は控えめにすることが原則です。

夜食べたものがそのまま胃の中に残っていて、なんだかお腹がすっきりしない1日になってしまうからです。
ちゃんと3食取るにしても、メニューを考えましょう。
自分のお腹の調子に合わせて良い物、今日は避けたいというものを見つけていくようにしてみても良いでしょう。