冬の乾燥肌対策!頭皮のスキンケアってどうすればいい?

シャンプーが残らないように徹底的にすすぐこと!

頭皮に細かなフケが出ている、痒みがあるといったケースでは乾燥肌が疑われます。
顔の皮膚と同じように頭皮も乾燥しますので、気付いたらきちんとした対策を行わなければなりません。

原因を探っていくと、シャンプーの洗い残しが引き金になっているケースも多いようです。
ですから、まず最初にやるべきことはシャンプーが残らないように徹底したすすぎを実践することです。

シャンプー液はどんなに優しいものを使っていてもすすぎ残しがあるとトラブルにつながります。
徹底してトラブルを排除するには日々のシャンプーの仕方がとても重要であり、頭皮には何もない状態で仕上げるのが鉄則です。

きちんとすすいだ後には、毎日美容液をつけるとコンディションは落ち着きます。
つける時には指の腹を上手くつかって揉み込むようにするとスムーズに浸透しますのでおすすめです。

お風呂上がりにマッサージを行うと普段より効率がアップ

美容液の有効成分がイマイチ浸透せずに効かないと感じている時には、元々血行が悪くて行き渡っていない可能性があります。
行き渡らなければどんなに良い美容液を取り入れても流れてしまって意味がありませんので、丁寧に揉み込むことを忘れてはいけません。

特にお風呂上がりの血行が良くなっているタイミングでマッサージを行うと普段より効率がアップしますので、タイミングとしてはお風呂上がりに実践しましょう。

ツバキ油を使ったケアもおすすめです。
ティースプーン一杯分のオイルを手の平に出して少し温めたら、頭皮に丁寧に塗り込みます。

この手で温めるというのがポイントであり、冷たいオイルをそのままつけると固い状態ですので十分な効果を引き出すことができませんが、手で温めると柔らかくなって効果を得やすくなります。

この状態で10分ほど待ってからシャンプーをすると乾燥肌は劇的に良くなりますので、痒みを感じたりフケが出ることも減るようです。
ツバキ油は髪の毛をサラサラにしてくれることで有名ですが、このように頭皮の乾燥を防ぐ作用もありますので、日々のケアの取り入れることをおすすめします。

洗い過ぎは乾燥の直接的な原因になるので注意が必要

シャンプーの回数にも注意が必要です。
フケが出ていると汚れが落ちていないような気がして一日に数回シャンプーをしてしまう人がいますが、洗い過ぎは乾燥の直接的な原因になりますので避けなければなりません。

シャンプーは一日に一回で十分であり、それ以上行う必要はありません。
万が一それでも足りないと感じるのなら、夜シャンプーをする時に最初にお湯洗いを徹底して行い、ある程度は綺麗になったと感じてからシャンプー液をつけて洗うのがおすすめです。

シャンプー液をつけての二度洗いになると皮膚に刺激を与え過ぎてしまいますのでNGですが、一回目をお湯で洗えば問題はありません。
また、乾燥肌用の商品に切り替えるのも良い方法であり、石油系界面活性剤を避けると少しずつ改善されます。

石油系界面活性剤を含んでいると泡立ちが良いので清潔になっているように感じますが、皮膚を守るための皮脂まで奪ってしまって乾燥が引き起こされます。

コラーゲンは頭皮にも有効に働く

オイル系なら馬油や植物オイルなどの天然由来のオイルが主成分になっているものにし、石鹸系なら弱酸性が安心です。
薬用のものになると乾燥によるフケを予防してくれるような成分も含まれています。

コラーゲンを摂取するのも良い方法です。
コラーゲンというとお肌のために取り入れるものというイメージが強いのですが、頭皮にも有効です。

新しい皮膚を生成する真皮層の約7割を占める成分となっていて、ターンオーバーを正常化するのに役立ちます。
積極的に摂取することで地肌に潤いが蘇り、弾力もアップして柔らかな皮膚を手に入れることができます。
ですから、計画的に取り入れるのがおすすめです。