税金の先取り?予定納税について物申す

予定納税とは

予定納税とは、前年度の所得から今年の所得を推定してあらかじめ税金を徴収する仕組みになります。
この仕組みのメリットは、多くの人の収入が前年度の収入を超えることがないためそのように規定することであらかじめしっかりと税を徴収することができる点です。

もし、途中で職を失ったとしても前年度の分と同じ位の税金を取られることになります。
これに関しては、税金を徴収する側にとってはメリットがありますが、支払う側にとっては迷惑でしかありません。

この制度自体は、いったいどのような問題があるかと言えばやはり税金を支払わなければならないことです。
例えば、国民としても国がしっかりとした使い方をすればわざわざこのようなことに腹を立てる人はいないはずです。
もちろん例外的に意見を述べる人はいるかもしれませんが、通常はそこまで何かを物申す事は無いといえます。

税金を増やす前に無駄を減らせとの意見が非常に多い

では、どのようにしたら国民は納得するでしょうか。
まず税金の使い方としては、税金を増やす前に無駄を減らせとの意見が非常に多い傾向があるわけです。

具体的には、国会議員を増やして無駄に税金を使っているにもかかわらず消費税を上げることに対して腹を立てているわけです。
このようなやり方をしているのは、国会議員自体が自分の欲を満たすためにやっているからと言われても仕方がありません。

実際に、国民と国会議員が同じ視点でものを見ていないことがはっきりわかります。
では、国会議員自体を選んだのは国民なので仕方がないとの意見がありますが、この点に関してはどうでしょうか。

この点に関しては、確かにもっともな意見ですがまともな国会議員自体が立候補それはほとんどの人は消去法で選択しているわけです。
では、自分自身が立候補すれば良いではないかといった意見もありますが、この点に関しても特に指定のしようがありません。

ほとんどの国民は現状を受け入れるしかない

ただ、立候補するにしてもそれなりにお金がなければいけませんし、供託金が戻ってこない可能性もありますのでうかつに立候補してしまうと大きく損をしてしまいます。

もちろん票が入れば嬉しいですが、必ずしもそのように悠長なことばかり言っていられません。
それならば、多少高い税金を支払うと考える人が多いはずです。

現状のままでどうすることもできない部分がありますので、ほとんどの国民はそれを受け入れるしかありませんが、しかしながらそれを打破する方法も全くないわけではありません。

もとをただせば、国民の多くは無駄にお金を納税しなければいけないことに腹を立てているわけです。
そこで、多少税金を払ったとしてもそれなりの収入を確保することができればそもそもこのような問題に対して腹を立てることがなくなるでしょう。

現状のコンフォートゾーンを抜け出すことから始める

国としては、悪質な方法で納税をさせようとしているわけではありませんので、後は国民自身の判断の仕方になります。
ただ、漠然と今の生き方をしていてもなかなかお金が貯まる事はないでしょう。

そこで、自分自身の行動パタンを変えてみることが必要になります。
そもそも、この国に生きている以上どちらにしても税金を支払わなければなりませんので、それを受け入れなければなりません。

受け入れると同時に、自分自身が満足いく結果を出せるような努力をすることにより、税金に対する考え方が大きく変わってくるでしょう。
まずは、行動することから始めてみるが良いです。

現状のコンフォートゾーンを抜け出すことから始めれば結果的に満足した生活が送れるようになるでしょう。
ちなみにコンフォートゾーンとは、自分自身の快適な立ち位置のことで例えば毎月30万円の給料もらっている人はそれぐらいの給料もらうことで満足した生活を味わうことができます。

ですが、それ以上の金額を望むならばその快適なゾーンから抜け出さなければいけません。
それを実行することにより、良い結果が出るでしょう。

サラリーマンでもできるおすすめの副業ベスト3

会社でも副業をOKする企業が増えている

サラリーマンでも副業をする時代が当たり前になってきました。
その理由は給料が上がらなかったり、年金問題などからのお金の悩みや漠然とした不安からくるものでしょう。

そのような情勢の中で、会社でも副業をOKする企業が増えています。
では会社員が副業をする場合には、どのような事をするのが良いのでしょうか。
ここではベスト3を上げてみます。

第3位:インターネットを使って稼ぐ

まず第3位はインターネットを使って稼ぐことです。
サラリーマンの場合には本業で忙しい状態にあります。
ですからダブルワークをするとなると、体力的にも精神的にもかなり大変になることが予想されます。

時には副業に時間を取られて、本業がおろそかになってしまう恐れもあります。
ですからなるべく自宅で稼げるような仕事を見つけたほうが良いのです。
そのひとつがインターネットを利用して、アンケートサイトやポイントサイトで稼ぐという事です。

アンケートサイトやポイントサイトならば、基本的に無料で登録することが出来ます。
そしてすぐに始められるというメリットがあるのです。

ですから誰でも簡単に小遣い稼ぎが出来ます。
アンケートサイトならばアンケートに答えたり、中には覆面調査員のような高収入の仕事もあります。

ポイントサイトならばそのサイトを経由して、インターネットで買い物をしたときに、それ相応のポイントをもらうことが出来る仕組みです。
両者とも稼げる金額はさほど大きなものではありませんが、サラリーマンの小遣い稼ぎには、大変適していると言えるでしょう。

また、最近はインターネットで遊ぶオンラインカジノが一部人気になってます。
オンラインカジノは少額から賭けることができますので、副業と呼べるかどうか分かりませんが特にベラジョンカジノなどは日本人にも人気でおすすめと言えるかもしれません。

ベラジョンカジノの口コミや評判について

第2位:不動産投資

第2位は不動産投資です。
この不動産投資は、アパートやマンションなどを購入して、家賃や地代収入を得るという不労所得的な方法です。

自分では労働をすることがないために、忙しいサラリーマンには大変魅力的に映ります。
しかし不動産投資は大きなお金が動きます。

時には何千万円や何億円単位のお金が動くこともあります。
自分の持ち金だけでは不動産を買うことは出来ない場合が多いために、金融機関からの借入金を利用します。

そのために比較的大きなリスクも生じます。
もしもサラリーマンが副業で不動産投資を始める場合には、始める前にきちんとリスクを勉強してから始めることをおすすめします。

何も知らずに始めることは、リスクが大きすぎます。
きちんと投資に関する書籍を読んだり、セミナーに参加するなどして、出来る限りリスクを最小限にとどめるように心がけることが大切です。

第1位:インターネットを利用したせどり

そして第1位は、インターネットを利用したせどりです。
せどりという言葉はすでに誰でも知っているくらい、副業の代名詞になっています。

せどりというのは簡単に言うと、仕入れた商品を仕入れた以上の値段で、売ることにより生じる利益で稼ぐ商売です。
基本的には一般の物販の考え方と同じです。

せどりで成功すれば、かなりの高収入を期待できます。
中にはそれだけで生活をしている人もいます。

しかしそのようになるためには、目利きになる必要性があります。
どの商品をどのルートで、どのくらいの値段で仕入れて売ればよいのかという目利きになることが大切なのです。

せどりで大切なことは他にも、自分の得意分野の商品を見つけて、仕入れることが大切です。
得意な分野であれば苦痛も少なく、楽しく労働に取り掛かれることでしょう。

「せどり(転売)」をやめた理由

 

このように、サラリーマンがダブルワークをする場合には、この代表的な3つの仕事があります。
もちろん他にもネットを利用したアフィリエイトや、コンビニバイトなどの仕事もあります。

どの仕事が一番良いのかは、人それぞれですので一概には言えません。
自分の体力や精神力と相談しながら、本業に支障をきたさないような、ダブルワーク選びが重要になります。

やっぱり早寝早起き!夜型人間が朝方人間になるメリットとは?

早起きは健康に良い

夜型人間でつい夜更かしをしてしまうという人も多いと思いますが、早寝早起きをすることで様々なメリットを得る事ができます。
昔から早起きは三文の徳とも言われてきました。

では、早寝早起きにはどんなメリットがあるのでしょうか。
やはり一番のポイントには、健康に良いことが挙げられます。

夜型の生活をしていると、体内時計が狂って自律神経の乱れを引き起こすからです。
人の体には体内時計が備わっているのですが、それは25時間のリズムで動いています。

1日は24時間なので1時間のズレが生じるのですが、それをリセットするのが朝日です。
朝に太陽の光を浴びることで体内時計がリセットされ、生活リズムが整います。

それなら最初から体内時計が24時間ならいいのにと思うかもしれませんが、実はこの体内時計を修正するという能力は人にとって非常に重要なものです。

体内時計が24時間だとリセットする必要はなくなりますが、場所を大きく移動した時に体内時計を調整することもできません。
つまり海外に行ったら、ずっと時差ボケが続いてしまうということになってしまいます。

自律神経が乱れてしまうと体が上手く機能しなくなる

体内時計がリセットされると、自律神経も正常に働くことができます。
自律神経は呼吸・発汗・消化・体温調節・生殖機能などありとあらゆる生命活動に関わっています。

自律神経が乱れてしまうと、体が上手く機能しなくなり様々な不調を招きます。
例えば、夜に眠れない睡眠障害は、自律神経が乱れることで起こると言われています。

その他にも集中力の低下を招いたり、気分が落ち込むなど精神面の不調を招くこともあります。
早寝早起きをすることで自律神経が整い、健康に過ごすことができます。

そして、朝に太陽の光を浴びるとセロトニンというホルモンの分泌が活発になることも分かっています。
セロトニンは幸せホルモンと呼ばれることもあり、人の幸福感を司る物質でもあります。

セロトニンが分泌されることで幸福感を感じやすくなります。
それが免疫を向上させる効果もあるので、風邪をひきにくくなったりもします。

成長ホルモンは肌の新陳代謝を促す働きもある

早く寝ると、成長ホルモンの分泌も活発になります。
成長ホルモンは寝ている間に分泌されるホルモンで、成長を促す働きがあります。

肌の新陳代謝を促す働きもあり、成長ホルモンが分泌されないと肌の新陳代謝が鈍くなってしまいます。
肌の新陳代謝が乱れると、本来であれば剥がれ落ちるはずの角質が残ってニキビや吹き出物の原因になることもあります。

つまり、成長ホルモンは美肌をつくるのに欠かせないホルモンといえます。
夜にしっかりと眠ることで、肌を美しい状態に保つことができます。
逆に睡眠不足だと、肌荒れなどの肌トラブルが起こりやすくなります。

早寝早起きを続けていると、夜は自然に眠くなります。
起きている時間が長ければ当然疲労も蓄積するので、夜に眠くなるのは当然のことといえます。

早寝早起きをすると朝の時間帯を有効活用できる

夜になかなか寝付けないというのは大きなストレスになりますが、そういった人は朝に早く起きることから始めてみるといいかもしれません。
睡眠は脳を休息させて疲労を解消するものなので、人の体にとって欠かすことができません。

単純に長く眠ればいいというものでもなく、睡眠の質も非常に重要です。
眠りが浅かったり、寝ていても何度も起きてしまうという人は睡眠の質が悪いので疲労が残ってしまいます。

早寝早起きをすると、朝の時間帯を有効活用することもできます。
何か勉強をしようと思っても、仕事が終わった後の状態では疲れているのでなかなか頭に入らないということも多いと思います。

朝起きてすぐの方が頭が冴えているので、集中力も高まりやすいですし記憶も定着しやすくなります。
ですから深夜に勉強するよりも、夜は早く寝て朝に勉強する方が効率的です。

どっちが本当?1日2食が健康なのか3食きっちり食べるのがいいのか

2食にしたほうが太りやすくなるというデメリットも・・・

1日2食が健康なのか3食きっちり食べるのがいいのかは、その時の自分の体の調子がどうであったかで変わることが多いです。
お腹の調子が悪い時や前日食べ過ぎたような時は1日3食にするのではなく、お腹や体調が整うまでは2食にしたほうが早くに回復につながるということもあるでしょう。

胃に負担がかからないようにすることが必要なので、負担をかけないようにもしていきましょう。
ですが、特に問題もなく健康であるのであれば、きっちり1日3食が健康でしょう。

2食にしたほうが太りやすくなるというデメリットもあります。
2食にすればお腹を空かせている時間が長くなりますから、それだけ食べ物を食べた時の吸収もよく、脂肪が増えてしまうことがあるからです。

1日二食は何故太るのですか?1日一食でも太るのでしょうか?… – Yahoo!知恵袋

ですから健康時の一日2食は不健康であるとも言えます。
わざと太りたいための食事にするのであれば2食が効果的にもなりますから、お相撲さんや仕事柄増やさなければいけないようなことがあれば、その時は一日2食にしてみましょう。

朝昼兼用はどんなに健康的なメニューであっても健康的ではない

ですが、人によってはあまり食べられない人もいます。
朝は特に起きてすぐに朝食を食べられないことも多く、もともと小食の人であれば朝昼を兼用にしているようなこともあるでしょう。

ですがそうした朝昼兼用はどんなに健康的なメニューであっても健康的ではないので注意です。
朝は食欲がないのであればバナナと牛乳だけでも良いので口に入れましょう。

一日3食というのは健康的な方法です。
また、一度に食べられない人であれば一日4食、5食にして少しの量を時間を空けて食べ続けるというのもおすすめです。

小分けにしたほうが体の胃も負担になりませんし、体も軽いと感じることがあるでしょう。
ですが、一に3食にこだわるばかりに深夜に夕食を取るのはNGです。

仕事が忙しくて深夜にしかしっかり食べられないのであれば、昼にたくさん食べるようにして、夜は適度な時間に軽い食事をしたり、栄養のあるお菓子のようなバーで、それを夕食代わりの1食にしましょう。

栄養バランスも考えていくことが大事

そして深夜に取るのは体に負担の良いおかゆや汁物を軽く取るようにしてみても良いです。
きっちりと物事をこなすのが苦手だという人であればこうした1日3食を守らなければいけないという事が大変な負担にもなってしまうことがありますが、そうした時は無理に3食にせずに、無意識に3食に出来るようにしましょう。

あらかじめ今日食べるものを決めておいたり、献立を決めておけば守らなければいけないからそうするのではなく、習慣にすることでいつの間にか健康的になっていくということもあるでしょう。

ですがきっちり3食食べればそれで健康になれるということではなく、栄養バランスも考えていくことが大事です。
脂っこいものや脂肪分が多い物、甘い物ばかりを食事にしていては1日3食にしていても健康的にはなれないでしょう。

なのでちゃんと栄養も考えましょう。
朝甘い系の朝食にしたのなら、昼はすっきりするものにしましょう。

夜は基本控えめに

そして夜はどんな時でもあっさり目がおすすめです。
夜は一日のうちで一番豪華にするということもありますが、夜は食事後に活発に動くようなこともありませんし、食べたエネルギーは脂肪になってしまうこともあります。

ですから、脂物を食べるにしても適量を心がけるようにもしましょう。
また、たくさん食べ過ぎた日の翌日の朝食は控えめにすることが原則です。

夜食べたものがそのまま胃の中に残っていて、なんだかお腹がすっきりしない1日になってしまうからです。
ちゃんと3食取るにしても、メニューを考えましょう。
自分のお腹の調子に合わせて良い物、今日は避けたいというものを見つけていくようにしてみても良いでしょう。

冬の乾燥肌対策!頭皮のスキンケアってどうすればいい?

シャンプーが残らないように徹底的にすすぐこと!

頭皮に細かなフケが出ている、痒みがあるといったケースでは乾燥肌が疑われます。
顔の皮膚と同じように頭皮も乾燥しますので、気付いたらきちんとした対策を行わなければなりません。

原因を探っていくと、シャンプーの洗い残しが引き金になっているケースも多いようです。
ですから、まず最初にやるべきことはシャンプーが残らないように徹底したすすぎを実践することです。

シャンプー液はどんなに優しいものを使っていてもすすぎ残しがあるとトラブルにつながります。
徹底してトラブルを排除するには日々のシャンプーの仕方がとても重要であり、頭皮には何もない状態で仕上げるのが鉄則です。

きちんとすすいだ後には、毎日美容液をつけるとコンディションは落ち着きます。
つける時には指の腹を上手くつかって揉み込むようにするとスムーズに浸透しますのでおすすめです。

お風呂上がりにマッサージを行うと普段より効率がアップ

美容液の有効成分がイマイチ浸透せずに効かないと感じている時には、元々血行が悪くて行き渡っていない可能性があります。
行き渡らなければどんなに良い美容液を取り入れても流れてしまって意味がありませんので、丁寧に揉み込むことを忘れてはいけません。

特にお風呂上がりの血行が良くなっているタイミングでマッサージを行うと普段より効率がアップしますので、タイミングとしてはお風呂上がりに実践しましょう。

ツバキ油を使ったケアもおすすめです。
ティースプーン一杯分のオイルを手の平に出して少し温めたら、頭皮に丁寧に塗り込みます。

この手で温めるというのがポイントであり、冷たいオイルをそのままつけると固い状態ですので十分な効果を引き出すことができませんが、手で温めると柔らかくなって効果を得やすくなります。

この状態で10分ほど待ってからシャンプーをすると乾燥肌は劇的に良くなりますので、痒みを感じたりフケが出ることも減るようです。
ツバキ油は髪の毛をサラサラにしてくれることで有名ですが、このように頭皮の乾燥を防ぐ作用もありますので、日々のケアの取り入れることをおすすめします。

洗い過ぎは乾燥の直接的な原因になるので注意が必要

シャンプーの回数にも注意が必要です。
フケが出ていると汚れが落ちていないような気がして一日に数回シャンプーをしてしまう人がいますが、洗い過ぎは乾燥の直接的な原因になりますので避けなければなりません。

シャンプーは一日に一回で十分であり、それ以上行う必要はありません。
万が一それでも足りないと感じるのなら、夜シャンプーをする時に最初にお湯洗いを徹底して行い、ある程度は綺麗になったと感じてからシャンプー液をつけて洗うのがおすすめです。

シャンプー液をつけての二度洗いになると皮膚に刺激を与え過ぎてしまいますのでNGですが、一回目をお湯で洗えば問題はありません。
また、乾燥肌用の商品に切り替えるのも良い方法であり、石油系界面活性剤を避けると少しずつ改善されます。

石油系界面活性剤を含んでいると泡立ちが良いので清潔になっているように感じますが、皮膚を守るための皮脂まで奪ってしまって乾燥が引き起こされます。

コラーゲンは頭皮にも有効に働く

オイル系なら馬油や植物オイルなどの天然由来のオイルが主成分になっているものにし、石鹸系なら弱酸性が安心です。
薬用のものになると乾燥によるフケを予防してくれるような成分も含まれています。

コラーゲンを摂取するのも良い方法です。
コラーゲンというとお肌のために取り入れるものというイメージが強いのですが、頭皮にも有効です。

新しい皮膚を生成する真皮層の約7割を占める成分となっていて、ターンオーバーを正常化するのに役立ちます。
積極的に摂取することで地肌に潤いが蘇り、弾力もアップして柔らかな皮膚を手に入れることができます。
ですから、計画的に取り入れるのがおすすめです。

高齢者夫婦

日本の年金制度って大丈夫?将来本当にもらえるの?

不安な年金制度

以前から何かと不安視されている年金問題ですが、平成以降では特に年金制度について疑問に感じている方が多いのではないでしょうか。
その背景にはバブル崩壊以降、国の借金が増え続けていることも事実になり、団塊世代の方々が退職した時期に入ると、高齢化社会の問題も良く耳にすることがありますよね。

働く世代と比較して、高齢者で年金生活を送っている人が増加していることで、将来に本当に貰えるのかどうかで不安に感じることは珍しいことではありません。

この内容については諸説ありますが、以前の古い時代では最低でも25年間以上を国民年金か厚生年金に加入をしている人に限定をして支給していたものです。

ところが新しいルールでは10年以上の加入によって受給権が与えられることになっているので、以前よりも貰える対象者が国の施策によって増えているということも事実です。

将来を考えてみると、国全体の労働者数が減ることにより、年金制度が崩壊してしまうという見方もあるのですが、実際にはできるだけ支払いを軽減するような仕組みも整いつつあります。

支給額の見直しを行うことも想定できる

例えば以前は60歳以降になると直ぐに年金受給の手続きをして年金生活を送るという人が多く存在していましたが、現在では65歳以上で満額支給、尚且つ世間的に勤務先では65歳までの雇用を推奨していたり、最新の情報では70歳まで勤務することを可能にするというルールも目立つようになりました。

※参考・・・受給開始年齢と受給見込額-知ってトクする年金・相続-ゆうちょ銀行

また、将来的な展望では働く世代が支払う年金額が高まることも十分に予測できますが、その一方で支給額の見直しを行うことも想定できます。
実際に年金制度を利用して生活をしている人の中には支給額に大きな差が生じていることになります。

例えば厚生年金に加入をしてきた方でも、基本は収入額、即ち年金の支払総額によって変動していて、低い方は10万円台から、高い方では企業年金等を合わせると25万円を超えている方がいます。

国民年金で限定してみると、最高額は約65,000円低い方では3万円台になります。
この差を是正するということは今現在では行われていませんが、将来に年金制度が崩壊してしまうようであれば、この支給額の差についても議論されるのでは、という期待をすることもできます。

無年金者や年金額が低い方のケースでは、そのお金では生活を送ることができません。
こういった方の多くは生活保護申請を行っていることも現状ですが、低い年金と生活保護を比較すると現状では生活保護費の方が高く設定されています。

年金に頼らない方は生活保護という抜け道が用意されている

この内容も頻繁に問題視されることになり、年金に頼らない方は生活保護という抜け道が用意されているので、生活保護費も予算では圧迫されてしまうことも十分に想定できます。

こうなると総合的な判断をしても、国の出費が余計に膨らんでしまうことは既に明確と判断することができるので、年金制度については将来を考えた場合、何かしらの良い法案によって継続できるのではと判断できるでしょう。

もしも年金が無くなってしまった場合を想定してみると、前述の通り生活保護者が増える一方で、医療費も多く掛かることになり、生活保護という有利な条件を使い続けると、税金はかなりの負担増になることは明白です。

不具合を解消するには出し過ぎている手当てや保護費、医療費の負担などを考えることが必要になり、上手く国民の負担を増やして上手く国民の生活を守ること、上手く高額所得者から税金負担を増やすことも考えられるのではないでしょうか。

結論としては現状では年金制度は約束されている最低限の保証でもあるので、将来についてもらえなくなるということは考えにくいものと考えることができるでしょう。

要は働く世代を増やして税収をアップさせること、高齢者で多額の年金額を受給している現状を改善すること、労働力を外国人に頼ってみることでも問題はクリアできるのではないでしょうか。